RPAコラムRPA-COLUMN

価格で考えるRPA

価格で考えるRPA

EzRobot(イージーロボット)、UiPath (ユーアイパス)、WinActor(ウィンアクター)、Robo-Pat(ロボパット)、BizRobo!(ビズロボ)、その他沢山のRPAソフトが市場には出回っています。

それぞれ特徴をまとめたサイトも徐々に増えてきたように感じます。


その中でも最初に気になるのはやはり「価格」ではないでしょうか。

月額(年額)の使用料金だけでなく、別途料金(有人サポートは有料です。等)が発生する商品もございますのでご注意ください


自社内でロボット制作をする場合にも、まずはRPAの機能を覚えて、コツコツとロボットを組んでいくという時間の投資から始まります。

ロボット制作を外注する場合にも、別途コストがかかります。

RPAについて詳しくない状態では、いろいろと判断が難しいところかと存じます。

 

RPAソリューションズ(EzRobot)では“低価格”“劇的にカンタン”を特徴としており、機能が厳選されているので習得までの時間が他RPAと比べて短く済みます。

また、多くの社労士事務所様にお使いいただけるよう既に作成済のレシピ(シナリオ)がユーザーページ内にございますので、自由にダウンロード可能。微調整のみですぐにお使い頂けます。
※レシピ(シナリオ)は常に作成/更新されております。
「こんなロボットが欲しい」等のリクエストも大歓迎です。


実際の導入動画や、勉強会、個別相談など、サポート体制も月額料金の範囲内に含まれております。

サービスについて詳細はこちら

 

結果的に、価格簡単さが強みのEzRobotが、社労士事務所様向けのレシピを共有することにより

社労士事務所様にとっては、非常にチャレンジしやすい環境を作り出すことができたのではないかと感じております。

 

サブスクリプション型の商売(月額制の士業さん)のお客様に一番喜んで貰えそうなEzRobotを使って、社労士事務所RPA研究会をさせて頂いております。

試しに話を聞いてみようかな程度で構いませんので、お気軽にお問合せください。

 

 

次回コラムへ

 

「RPA情報」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー